2015年11月7日土曜日

Day16〜17

D16 8/23
5:00起床 6:45出発
寝ているとどうも腰が痛くなる。マットが合わないのだろうか?いや、寝過ぎか?
 だいたい 20:00には横になっており、起きるのが5:00なのだから確実に寝過ぎなのだ。

今日は午前中、激下りがあった。

下ってきたところは岩だらけ

下りと岩場、という苦手要素が2つ重なり、進むのにとても時間がかかってしまった。
岩場で足をひねりやすく、せっかく治りかけている足首を痛めないように慎重に下った。
沢山汗をかいたが、今日は幾分涼しく気温は20度以下だ。


10:00 林道に出た
雲が出て、風もあり歩きやすい。先ほどの岩場と比べると歩きやすく、どんどん進めた。

果てしなく続くように感じる

11:30 昼食
足のケアを念入りに

この頃には寒いくらいになってきた。再び歩き続けると、ようやく小屋が見えてきた。
14キロの道のりを、休憩含めて4時間で進んだことになる。山道とは違いスピードが出たため、それはそれで足が痛い。
今度は右足の付け根が痛い。あちこち痛い所だらけで嫌になる。もっとゆっくり進めば良いのか?

林道が終わり、トレイルに入った。今まで涼しかったのに急な登りになって、汗だく。
自分の体力のなさに辟易。

16:00 蛍の光を歌い、「本日の営業は終了しました。」と体力終了のお知らせをしてみる。ダンナ1人だったらもっと歩けるだろう、申し訳ない。歌とアナウンスでごまかしてみたが、きっと私の疲労っぷりに気がついているだろう。
それでも、今日は20キロ以上は歩けたので上出来だと言ってもらえた。

旅の計画を立てたとき、1日20キロは楽勝だと思っていた。
だけど・・・でこぼこボブ、湿地、岩場のあるトレイルはなかなか進めない。
午後はいつも自分に余裕がなく終わってしまう。
こうしてテントでごろりとしながら日記を書いている時間が1番ホッとする時間だ。 テントの中は秘密基地のようで安心で、子供の頃してはいけないと言われていた事(ラーメンのスープは全部飲んじゃダメとか、寝転がったまま食べてはいけないとか)そういうことが堂々とできて楽しいのだ。そして、1日を振り返り、明日の行程を考えて眠りにつく。
そして、今日も1日が終わろうとしている。

今日メモ:不思議と最近の夢には、今までの職場の人や親戚一同が出てくる。


D17 8/24
5:00起床 6:00出発
今朝はすぐに出発。15分くらい歩いて、見晴らしの良いところで朝食をとる作戦だ。
これはとても気持ちがよい!

その後、雪渓と登りが続いた。
登りきって湖を見下ろす場所に出た。おーーーー!なんという素晴らしい景色だ!



湖面に雪渓をたたえた山々がうつし出され連なっている。どこが湖面で、どこが山なのか境が解らない。しばらく見とれる。


ラップランドの神様のことを思い浮かべようとしてみたが、トナカイの角をはやし人間の体をした者が思い浮かび、なんともあのセント君の従兄弟のような姿になってしまった。自分のセンスのなさにガッカリ。
そんなアホな想像はさておき、本当にこの景色は素晴らしい。
高さの違う山並みと雪渓のコントラストが渦を巻いているように見える。ずっと見ていると、その渦に吸い込まれそうになる。




ダンナはパリパリチョコアイスのようだと言っていた。うーーん。どうもお互いに想像力が乏しい・・・

湖面を半周したところで昼食。今日は気温もさほど上がらず、蚊が少ない。川べりは寒いくらいだ。昼食後、さらに別の湖を見下ろす場所に出た。
ここもまた絶景!長い時間足を止めて見とれた。



17:00 この湖をさらにぐるりと回り、本日のゴールPunro小屋に到着。
小屋に人はいなかった。今日は誰にも会わない1日だった。素晴らしい景色を見ながらの22キロはあっという間だった。
本日の行動時間10時間。足の痛み少々あるがOK!がんばりました。

今日メモ:ラップランドの神様 ラッピー
ダンナ作







0 件のコメント:

コメントを投稿